保存

ドッグフードとおやつ

犬にも勿論「感情」「その日の気分」が有って当然です。
「いぬのきもち」なるタイトルの書籍の存在は愛犬家なら誰もがご存知の通り、言葉を持たない犬も自らの感情を確かめながら生きています。

例えば私達が精神的に予期せぬダメージヲ負った時など、食事が喉を通らない、そんな記憶経験を誰もがお持ちでしょう。
こうした感情と食欲の関係は犬達も一緒で、私達飼い主には察知出来ない何らかの精神的な理由で、前日まで喜んで平らげていたドッグフードに全く口がつかない状況となるケースは決して珍しくありません。
こうした場面に初めて遭遇した飼い主は総じて困惑動揺してしまいますが、もしも皆さんがそんな当事者となった時にはどうぞ、まずは深呼吸の上、ご自身を落ちつかせて頂きたいとお願いしておきます。

急にドッグフードを食さなくなった場面を目にすると、大半の飼い主は愛犬の体調不良に意識が向いてしまいます。
それはごく自然な事ですが、ここで冷静に思い出して頂きたいのが、犬が何らかのメッセージを食事を採らない事で伝えようとしていないか、もしくは犬が精神的ダメージを負うような出来事が直近生じていなかったか、この2点を検証して頂きたいのです。

犬が何に対してショックを覚えているかを察知するのは至難の業ですが、明らかに体調に異変を見せていないのであれば、そのままドッグフードを一定時間その場に置いたまま、様子を見守ってあげましょう。
結果的に全く口をつけないままであれば、頃合いを見計らって下げてしまっても構いません。
犬も私達も1食2食抜いたぐらいで体調を崩す事は通常ありません。
ここで小手先でご機嫌を取ろうと安易におやつを与えたりしても、精神面のショックが理由での食欲不振であれば反応は同じですし、反対にイレギュラーなタイミングでおやつを与える事自体、犬の食生活と躾双方に於いて良い事とは言えません。

またドッグフードを食べないからと安易に他の食事やおやつを与えてしまうと、犬は「この手」を覚えて他用して来ます。
結果食生活の乱れから肥満や内臓疾患など、飼い主が愛犬の健康状態を崩してしまう最悪の展開となり兼ねません。
明らかにワガママを訴えている事が見て取れた場合、食べなければ速やかにドッグフードを下げてしまいましょう。
この場面では愛犬との根競べであり、お腹が空けばドッグフードを食べるので心配要りません。
犬の1日に必要なカロリー以上与えないように気を付けましょう。


このページの先頭へ