保存

成長期用のドッグフード

私達人間同様、幼犬期を過ぎて成犬となる過程の成長期、犬は日々驚く程身体も大きくなり、そのスピードと顕著な変化には頭では理解していても驚かされるばかりです。
当然それだけの急成長には相応の栄養素の摂取が不可欠であり、ドッグフードもまた、そうした成長期向きの製品が数多く市販されています。

犬は品種毎にその体格や体質の特徴が大きく異なる為、ドッグフードも「○○用」と明記して品種別にベストマッチな栄養素を配合した製品として販売されていますが、当然小柄な室内犬と大型犬では1日辺りに摂取すべきドッグフードの分量や栄養素の内訳配合も各々違って当然です。
愛犬家の方々の中には複数品種の年齢が異なる犬を飼っておられる方も数多く見られますが、安易に1種類だけのドッグフードで全ての犬の食事を賄ってはなりません。
小さな幼犬と成長期の大型犬と老犬が同一のドッグフードでは、どの犬にとっても健康上の問題に繋がり兼ねません。
私達人間も幼子と思春期の少年と老人では食事内容が異なる事を思えば、当然理解してあげられる基礎的な注意点なのです。

ドッグフードを1回に与えるべき分量や頻度が一応設定されていますが、あくまで相対的なデータを基に弾き出された数値です。
更に成長期の犬は自らの食欲をコントロールする術を知りません。
お腹が空けば満腹感を覚えるまで食べ続けたい本能に素直ですので、喜んで食べる姿を見るのが嬉しい、成長期だから沢山食べさせねば、といった判断理由で過剰に与えてはなりません。
肥満や体調不良に繋がり兼ねませんので、常に犬が太り過ぎていないか、あるいは痩せて来ていないかを見極めながら、飼い主の手でドッグフードの分量を微調整してあげなければなりません。

成長期に適した専用のドッグフードを与えるべき期間は、犬の一生の中でも比較的短期間です。
程無く成犬になれば、1度に食する分量も回数も自然と減少し、一定の食生活が暫く続く事も、飼い主の予備知識として踏まえておいてください。
愛犬に与えるドッグフードですが、みなさんは何を基準に選んでいますか?
http://www.supreme-directory.com/nih.htmlには日本で暮らしているワンちゃんたちにおすすめの商品が載っています。
海外の有名な商品も良いですが、日本のワンちゃんのことを考え作られた商品も気になりますね。
また、毎日同じドッグフードで食べ飽きてしまうわんちゃんもいるようです。
飼い主がおやつや人間食をたくさんあげてしまうことが原因で食べなくなる子もいますので、それらを与えることはなるべく控えましょう。
おやつなどをあげていないのに食べ飽きているワンちゃんにはhttp://www.tibettibet.jp/tabeaki.htmlに載っている対策をとってみてはいかがですか?




このページの先頭へ