保存

ドッグフードを知ろう

大規模量販店の売り場の陳列棚にズラリと並ぶドッグフードの鮮やかなパッケージを目にする度、その豊富な種類と鮮やかなデザインから、中には「これって本当に犬の餌なの?」「人間の食材より豪華かも?」といった印象を抱く方は少なくありません。
時代の推移と愛犬家の想いが結果、ドッグフード市場を現在の規模とレベルに育て上げたのでしょう。

その昔の飼い犬の食事と言えば、人間の食べ残しを皿に集めて盛って出来上がり、というのが当たり前でした。
日曜大工で造った隙間だらけの犬小屋の前に汚れた平皿が置かれている風景は、昭和の子供向き漫画の定番のカットだった事、一定以上の年齢の方々ならご記憶でしょう。
室内犬が家族と一緒にドッグフードに舌鼓を打つ、今日では各家庭でごく当たり前の光景が日常となるには、まだ年月を要する時代のお話です。

ドッグフードは読んで字の如く、犬の為の専用食品製品です。
犬が健康に毎日を暮らして行く上で必要な栄養素が含まれており、食感や保存面など現在も日々研究開発が続き、商品自体も進化を見せ続けています。
人間社会に於いてもその売上高は大きく、商売という観点からも貴重なアイテムに成長しています。
ご想像通り海外で開発され日本にも輸入という形で届けられた歴史を持つドッグフードですので、一部の愛犬家は海外製品志向を声にされています。

勿論私達と同じ哺乳類の食事ですから、仮に人間が口に含み食しても、即健康に甚大な悪影響が生じる事はありません。
実際に食感は風味を確認すべく、自ら食べてみる愛犬家の方々も大勢いらっしゃいます。
今日では犬の品種別、年齢別など商品の細分化も進んでおり、各々の製品のパッケージに該当する犬の可愛い姿がプリントされているのがパッケージの基本的なデザインとなっています。
ヒット商品と捉える事が出来る人気のドッグフードも多数流通しており、犬達の食欲を満たし健康を守る上で重要な役割を担っています。
今日犬の食事=ドッグフードの概念がすっかり定着していると明言出来るでしょう。

良質なドッグフードを選んであげるのは飼い主であるあなたの役割りです。
過去に起きたドッグフードに関する悲惨な事件の新たな犠牲者に愛犬がならないためにもきちんと信頼できるものを見つけてあげましょう。
無添加http://www.careforkabang.com/kokusann.htmlだったり原材料が国産の素材にこだわったドッグフードも多数出ています。
また口コミやランキングサイトで評判の良い商品http://www.jaylynnscraps.com/nutro.htmlは多くの飼い主たちから信頼されているものなので、安心してあげやすい商品ですね。



このページの先頭へ